ドクター

様々な治療法が確立されてきた下肢静脈瘤|手術方法も選択肢がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

がんで死なないために

がんには、悪性腫瘍と良性腫瘍の2つに分けることができます。悪性の診断が下ると、がん治療をしなくてはいけません。がんの症状が悪い状態だと、入院や手術を伴うこともありますが、早期発見だと完治することも可能なので早めに病院へ行くようにしましょう。

選択肢が増えた治療の方法

脚

進化している治療法

下肢静脈瘤は血液の逆流を防ぐ逆流防止弁が壊れて正常な働きをしなくなった時に起こる病気です。1度発症すると自然に回復することはなく、徐々に進行します。放っておくと正常な欠陥にまで静脈瘤が広がり、難治性の下腿潰瘍や血栓症を引き起こすこともあります。重症化するまでの期間が長いことや根治には皮膚切開を必要とする手術しかなかったことから、弾性ストキングなどを着用して様子を見ることが多かった下肢静脈瘤は手術法の進化によりひどくならないうちに治療ができるようになりました。最も普及しているポピュラーなのがストリッピング術、2011年から保険が適用されるようになった血管内焼灼術はレーザーや高周波を使って患部を焼き切る方法です。昔からある高位結紮術と合わせてその特性を見ていきましょう。

それぞれが持つ特性

ストリッピング手術は足の静脈にワイヤーを通し、幹部の静脈を引き抜く方法です。足の付け根とひざの内側を切開してワイヤーを通すため全身麻酔か脊椎麻酔が必要になります。何よりも再発率が低いことがメリットで、下肢静脈瘤の根治を目指す人には人気のポピュラーな方法です。昔は3〜7日程度の入院が必要でしたが日帰りで対応してくれる医療機関も増えてきました。血管内焼灼術のメリットは傷を残さず治療できることです。カテーテルやレーザーファイバーなどの細い管を静脈に通し血管の内側の壁に熱を加えて焼き切ります。焼かれた静脈は半年ぐらいで体の組織に吸収されなくなるというのが仕組みです。術後すぐの歩行も問題なく出血や痛みも少ない手術法です。高位結紮術は足の付け根の静脈を縛る昔ながらの方法で今では単体で行われることは少なくなっています。他の方法で下肢静脈瘤の完治が見込めない時に併用される方法です。

前もって準備をしておこう

初めて受診する内科では、どんな薬を飲んでいるかや病歴はどうかなどを聞かれます。仕事や学校帰りについでに寄る時には気を付けて、お薬手帳などを忘れずに持参する必要があります。新宿のようにたくさんの医療機関があるところは受診できる場所が増えるだけに、かかりつけ医を作る受診の仕方をするのがいいでしょう。

質の高い治療が可能です

世田谷区には人工透析を行う医療機関が多く、これらは全体的に通いやすくて高レベルで、さらに日本には少ない透析方法を選べるところもあります。そして、交通の便も良く、メリットの多い世田谷区の病院やクリニックには、たくさんの患者さんが来院することになります。