ナース

様々な治療法が確立されてきた下肢静脈瘤|手術方法も選択肢がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

前もって準備をしておこう

ホスピタル

必ず聞かれることがある

通勤や通学で新宿を利用するという人は、仕事や学校帰りに医療機関に寄った方が、診療時間に間に合うことがあるでしょう。ついでに寄れるなら、わざわざ医療機関に行くために出で行かなくても済み、気分的にも楽です。ただ、ついでに寄るときに気を付けておきたいのは、新宿のどこかの内科を受診する場合、かかりつけ医でない限り、どんな薬を飲んでいるのかや、これまでにどのような病気をしたことがあるかといったことを最初に聞かれるということです。何か薬を飲んでいるのであれば、お薬手帳を持参するなど、前もって受診がスムーズにいくように準備しておくのがいいでしょう。病歴がある人なら、わかりやすいようにメモなどに記しておけば、それを渡すことで内科での診察前の準備が楽になります。

できれば一つ所で決める

具合が悪くなったとき、新宿のような都心は内科もたくさんあることから、今回はここにしようといった具合にいろいろなところで受診する人もいると思われます。その時々で便利なところを受診することができるのは、大都市・新宿ならではのメリットではありますが、あちこちで受診しているとその都度、自分がどのような状態なのかを話すところから始めないといけませんので、時間がかかります。すでにカルテがあり、服用している薬や病歴を把握してくれているところ、いわゆるかかりつけ医になるような受診の仕方をすると、診察にかかる時間も短縮できます。内科は体調不良の際に最初に診てもらう診療科ですので、ここでかかりつけ医を持っていると安心です。