ナース

様々な治療法が確立されてきた下肢静脈瘤|手術方法も選択肢がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

がんで死なないために

看護師

がんと一口に言っても種類は様々で、悪性度の高いがんもあれば、命の危険が低いがんもあります。生死の境を分ける要因としては、早期の発見と的確な治療ではないでしょうか。がん治療は日進月歩で、十年前には治らなかったがんが治る時代になっています。例えば胃がんは、早期であれば内視鏡で取り除くことが出来ます。一泊二日の入院で帰宅することが出来ますし、身体へのダメージも皆無になっているようです。がん治療の三本柱となっているのが、手術、抗がん剤、放射線です。それぞれ使い分けることで、がんに対して有効なアプローチをかけることが出来ます。手術が一番の選択肢になりますが、抗がん剤と放射線を併用する場合も増えています。

ひと昔前のがん治療と言えば、患者本人に告知しないで行うことが当たり前でした。しかし、それでは出来る治療と出来ない治療があります。中でも抗がん剤治療は、時として激しい副作用が出ることがあります。脱毛や嘔吐下痢に苦しむことがあるので、患者はそれなりの覚悟をもって臨むことが求められるはずです。がん治療は一筋縄にはいかないこともありますが、薬剤の進化によって副作用が軽減されているのも事実です。無理をしないで、医師や看護師は最善のサポートをしてくれるので、安心して闘病に専念して下さい。がん治療が終わった後も、予後観察の期間があります。再発や転移を防ぐためには、規則正しい生活をすることが理想です。早寝早起きと、バランスの良い食事が理想的です。